横浜山手ガーデニング倶楽部

yamate4187.exblog.jp
ブログトップ

2018年 05月 01日 ( 1 )


2018年 05月 01日

スプリングセミナー講義&実技

午後はアンダートン先生の講義から始まりました。
《講義》
a0317581_01273332.jpeg
タイトルからして興味が湧きますね。

a0317581_01293120.jpeg
アンダートン's スタイルのお庭の重点はこの3つ!
画像を観ての説明です。
a0317581_01331209.jpeg
a0317581_01333576.jpeg
①temptation
最初の入り口→重要なもの
観てみたいと人を誘惑する。お庭への誘い。この奥には何があるのでしょう?と、思わせる。


a0317581_01351760.jpeg
a0317581_01354317.jpeg
a0317581_01361255.jpeg
②contrast
眼を半分閉じてよく観えるか?
空間
質感

大きな庭も小さな庭であっても重要なもの→コントラストである。

a0317581_01420134.jpeg
a0317581_01423596.jpeg
a0317581_01430226.jpeg
a0317581_01452239.jpeg
③economy(このエコノミーというのは経済という意味ではありません。)
どうバランスが取れているか。
いい効果をもたらしているか。
必要以上なものは要らない。

《実技》
アンダートン先生のデモンストレーションからそのスタイルを学びます。

a0317581_01480414.jpeg
シュラブ(灌木)を使った寄植えです。
英国ではモミジの色をパープル(紫)と言うそうです。
日本では紅葉(赤)と言いますね。
a0317581_01503441.jpeg
枝ぶりをよく見て
a0317581_01505088.jpeg
同系色のヒューケラを入れます。

a0317581_01532693.jpeg
差し色にビビットな黄色を入れますが、ポット苗のままでは印象が強いので根を分けて1本ずつにします。
a0317581_01550907.jpeg

a0317581_01554841.jpeg
モミジの周りをぐるりと植え込みました。

a0317581_01565554.jpeg
完成です!

《受講者の寄植え実技》
それでは受講者の実技へと移ります。
それぞれが選んだ鉢と苗をアンダートン先生に見ていただきます。
先生のアドバイスを元に短い時間で作り上げました。

《アンダートン先生の選んだ本日の作品》
初めての方も多くありましたが、皆様楽しく素敵な作品が出来上がりました。
その中から、アンダートン先生が次の4作品を選びました!

a0317581_02033269.jpeg

a0317581_02035460.jpeg

a0317581_02042270.jpeg

a0317581_02044107.jpeg
とても充実した本科の授業でした。

〜お知らせ〜
5月の本科は英国の庭園バートン・ハウスの元ヘッドガーデナーで現在はウィッチフォードポタリーのヘッドガーデナーである
ポール・ウィリアムズ先生を講師として英国園芸を学びます。
a0317581_02211373.jpeg
このゴールデンウィークのセミナーのために、すでに来日されています。
バラクライングリッシュガーデンに長期滞在し講義を行っています。
英国式のハンギングバスケットなど、ぜひ学んでみたいです。
ワンデイレッスン方式ですので、どなたでも1日単位でご受講できます。
詳しくは蓼科バラクライングリッシュガーデンへお問い合わせください。

a0317581_10453923.jpg

[PR]

by yamate4187 | 2018-05-01 01:25 | Comments(0)