横浜山手ガーデニング倶楽部

yamate4187.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 08日

2018 10月《グランドガーデンセミナー》最終日の様子

a0317581_13014970.jpeg

英国🇬🇧園芸の第一人者から直接学ぶ事の出来るセミナーです。
秋のグランドセミナーの様子を皆様へご紹介させていただきます。


a0317581_13173661.jpeg
今回の招聘講師はトレーシー・ウィルソン先生です。


3日目の10月8日(月・休)

10時〜
《ガーデンツアー》
蓼科バラクライングリッシュガーデンをトレーシー先生の解説を聞きながら巡りました。

a0317581_13180349.jpeg
ガーデンのエントランスの印象は大事です。
何箇所かの階段は歩幅や高さを考えて作られています。
階段の上のデザインは強い印象を与えるデザインです。
柱はイタリアの影響を受けたデザイン
モダンな感じはシンプルさが重要です。


a0317581_13181703.jpeg
カフェテラスからレースガーデンに向かうコーナーはガーデンの中で一番フォーマルなエリア。
テラスから下へ降りる斜面を利用しています。
足下の硬質なレンガを和らげるように周りにコンテナなどの植物を配置しています。


a0317581_13183281.jpeg

レースガーデン(ホワイトガーデン)はセミフォーマルなエリアです。
アーチに白いバラを仕立てて奥につながり進むようになっています。
夏には白いアナベルがあふれるくらいに咲き続けるエリアです。
今は白いクジャクアスターがふわふわと美しく咲いています。


a0317581_13235588.jpeg
↑左は通訳を担うスクール生の原島マスター

静かでクールな感じのエリアはゆっくりと歩いて楽しんでください。
a0317581_13275728.jpeg

弱ってしまった 枝垂れニレの姿です。
ガーデナーがどんなにケアしても枯れてしまうことがあります。
植物は生命力があるので新しい下葉が既に伸びています。

a0317581_13311883.jpeg

オータムクロッカスは突然 宝石のように綺麗に咲いて驚かせてくれます✨

a0317581_13322820.jpeg
ダリアの花のいくつかはケイ山田さんが名付け親です。


a0317581_13335339.jpeg
キングサリのアーチ
大木の影になって成育が悪くなっています。
何か果物の木を沿わせると素敵になると思います。

a0317581_13350639.jpeg
(バラクラのガーデナーも熱心に聞いています」

a0317581_13370730.jpeg
ピンクのランブリングローズのガゼボです。
枝をあちこちに伸ばすバラなのでメンテナンスが大事です。


a0317581_13402440.jpeg
※ハーブガーデンから上を見上げたところ
カフェテラスの下側はハーブガーデンです。
ミントなど実用的な目的に作られているエリアです。
ハーブガーデンは修道院が最初に作りました。
昔はハーブを薬草として利用しました。



a0317581_13424671.jpeg

午前中の講義の後はエントランスでトレーシー先生とケイ山田先生を囲んで📸
ロイヤルマリンズバンドもご一緒に🎶
ガーデンハットがお似合いですね113.png

昼食の後は、午後の講義に続きます165.png

a0317581_10453923.jpg


[PR]

by yamate4187 | 2018-10-08 13:01 | Comments(0)


<< 《グランドガーデンセミナー》ト...      《秋の寄植え講座》イギリス館&... >>