横浜山手ガーデニング倶楽部

yamate4187.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2017年 07月 03日

4日目ジム・キーリング講師の寄植えデモンストレーションと寄植え実技

午後は1:30〜
英国ウィッチフォードポタリー創始者、ジム・キーリング氏を講師に英国園芸を学びます。
a0317581_19325832.jpg
ジムさんによるデモンストレーションです。
a0317581_19334577.jpg
『このように開口部が広がっているコンテナは、霜が降りて氷点下で土が膨張しても割れにくい事…そして植物が成長し易やすいです…』
通訳はスクール生の先輩マスター。
とてもわかりやすいお話しでレクチャーも楽しく受講できます。
ジムさんの英語を一生懸命聴き取るのも、また楽しい時間となります。植物の名前(学名)は世界共通ですし、ジムさんの動作を間近で観て「フムフム…」と。

スクール生で無くてもどなたでも受講できます。
ご興味のある方はぜひ、蓼科バラクラフラワーショーのレクチャーにご参加くださいませ^_^
イベントホールでのレクチャーは午前も午後も無料です!

a0317581_19444153.jpg
『寄植えを始める時は、まず小さな作品から作って行きましょう。コンテナ選びは重要です。』
a0317581_19450847.jpg
『そしてどこに置くのか?
植物は高さのあるもの、下がるもの、中間を埋めるもの。』
寄植えの基本を話しながらデモンストレーションは進みます。
a0317581_19460583.jpg
a0317581_19463384.jpg
a0317581_19470764.jpg
『後方中心にユリを植え込みたいのですが、入りそうに有りません。そんな時には、別の鉢にユリを植えて、メインの鉢の後ろ側に置くという方法もある』
a0317581_19473490.jpg

下側のコンテナは、デモンストレーションが良く観えるようにと台の代わりです。。。
約30分の寄植えデモが終わりました。

2時20分〜【寄植え実技」
レクチャールームに移動し、受講者は寄植えを実際に作ります。
a0317581_05413676.jpg
a0317581_05520794.jpg
a0317581_05423255.jpg
↑ハーブで作られたフォーマルなデザイン。時間の経過とともに下側の植物が育ち、その横を通るたびに良い香りのするアロマ効果のある作品。
a0317581_05432626.jpg
左↑の作品は、定年退職されたご主人へ奥様からのプレゼント🎁にするそうです。ウィッチフォードのコンテナにジムさんのサインを書いていただきました!

a0317581_05435895.jpg
a0317581_05493467.jpg
ジム・キーリング講師とケイ山田先生、校長先生にそれぞれの作品にアドバイスをいただきました。

a0317581_05525429.jpg
ベテランのマスターや、寄植えを始めて4回目の方など寄植え経験は様々です。
a0317581_06063333.jpg
a0317581_06091862.jpg
a0317581_06103398.jpg
ダリアなど時間の経過とともに花が終わるものを使用した場合は、作品が作った時と違ってくる。どのように変化するか?それもまた楽しみでもある。

ガーデンセンターで鉢や植物を各自が選んで作るため、色も形も異なる作品が完成しました。

a0317581_10453923.jpg




[PR]

by yamate4187 | 2017-07-03 19:29 | Comments(0)
2017年 07月 03日

4日目ケイ山田レクチャー③

🔷イベントホール マーキー(テント)前のコンテナ
バッキンガム宮殿にも置かれているウィッチフォードのBIGコンテナです。大人がすっぽり入る事の出来る大きさです。
a0317581_05004355.jpg
a0317581_05011729.jpg
(下段:後ろの樹木の景色と合わせて観るように、低く植え込んである)
日かげの植物
球根ベゴニア、ホスタ、シダ、ホクシア、プレクトランサス
a0317581_13205277.jpg
ビッグコンテナは、アーチの向こうのフォーカルポイント
a0317581_05145424.jpg
🔷レストラン『ジャルディーノ』の前 日かげの植物
アイアン製のアーン型コンテナ 壁の色に合わせたもの。
a0317581_05111936.jpg
a0317581_09065342.jpg
a0317581_09054734.jpg
壁にはツルアジサイ、ハニーサックルも絡む
a0317581_05133681.jpg
銀色の鉢 銀葉のベゴニア、フィロデンドロン
暗い場所→グラス類、インパチェンス、ホスタ、ヒューケラでカラフルに

『ジャルディーノ』の室内入り口
a0317581_05181162.jpg
黄緑色のホクシア→ホクシアは27度あれば1年中花を保たせる

🔷アリスの庭
ティーパーティの場面には、 マリーゴールドなどカラフルな色合い
a0317581_05243239.jpg
明るく
楽しい植物
a0317581_05291982.jpg



a0317581_10453923.jpg

[PR]

by yamate4187 | 2017-07-03 04:57 | Comments(0)
2017年 07月 02日

4日目ケイ山田レクチャー②

蓼科バラクライングリッシュガーデンに飾られている、寄植え(コンテナガーデン)の数々をケイ山田先生の解説でご紹介いたします。
①入園エントランス左手 お客様をお迎えする寄植え
a0317581_23580072.jpg
コンテナ:グラスファイバーのコンテナ(英国の伝統的図柄を復元したデザイン)
季節の植物にカラフルなカンナを入れて。(カンナはメキシコ原産、蓼科では冬の寒さのためカンナの球根は育たないので苗を植えた)風にそよぐ涼しげな印象に。

②エントランス階段
a0317581_00075653.jpg
たった2本のつるバラ「キフツゲート」が長い年月の間このように日かげを作るほど大きくなった。
a0317581_00125478.jpg
a0317581_00132013.jpg
a0317581_00141776.jpg
この場所には球根ベゴニアを中心とした、半日かげ〜日かげの植物。
a0317581_00150444.jpg

③階段上 シンメトリーの鉢 石のアーン
a0317581_00165453.jpg
実際はゲートの両サイドに同じアーンが一対で飾られている。
赤いベゴニアとインパチェンス。

④門柱 鉄さび色のアーン 日かげの植物
a0317581_00235794.jpg
a0317581_00242703.jpg
ホクシア→秋まで咲き続ける 種は食べられる

⑤ゴールデンアカシアの下 木箱のコンテナ
パラソルの支えの鉢
a0317581_00280817.jpg
a0317581_00294104.jpg
グラス類を中心に

⑥プライベート玄関の前 ここは北向きになる
冬にはマイナス20度
扉の青い色が古びた色になった
a0317581_00363371.jpg
レンガのアーチに沿ったウィッチフォードのコンテナ
象のコンテナやグレーやアッシュ色のコンテナもある。
a0317581_00353005.jpg
バラ(アルケミスト)、ハニーサックル(斑入り)、黄緑のグラス

a0317581_09114173.jpg
a0317581_00415841.jpg

オベリスクにマンデビラ
夏〜秋にかけて、赤を入れてビタミンカラーで。

⑦フードコートの前 印象的に見えるもの、
a0317581_00262730.jpg
a0317581_00472647.jpg
a0317581_00480593.jpg
植えた時に美しい。しかもその後どう変化するかが楽しみ。

⑧トイレ入り口 白い木製のコンテナ
a0317581_00553237.jpg
いつもコンテナの色に合わせて白っぽいものを植えている。

⑨本館入り口
a0317581_00582733.jpg

〜続く〜 次はいよいよガーデンのコンテナになります!

a0317581_10453923.jpg

[PR]

by yamate4187 | 2017-07-02 16:26 | Comments(0)
2017年 07月 02日

フラワーショー4日目ケイ山田レクチャー

a0317581_08011074.jpg
レクチャーの前に「寄植えの芸術展」授賞式がありました。
初日の授賞式に参加できず本日蓼科へいらした方々への授与となりました。
おめでとうございました㊗️

6月25日(日)イベントホールです。
a0317581_08041451.jpg
ケイ山田先生のレクチャーは
『寄植えを楽しもう』
最前列中央に席をとってしまい、かえってその様子の撮影ができませんでした。(><)
さてさて、その内容は…。

はじめに、『寄植えの芸術展』でのスクール生の作品について、ジム・キーリング氏より「イギリスに持って行っても本当に素晴らしい!イギリス人に見せたい!」と、いうお褒めの言葉をいただき世界的レベルの芸術性があるものと評価されてたいへんうれしいとのお話しがありました。

「寄植えとは、英国の歴史の中から生まれたイングリッシュガーデンのフォーカルポイントであり、庭の楽しみ方の一つである。
英国では、コンテナガーデニングとか、ポットアレンジングと呼んでいます。庭の無い場所でも楽しむ事ができます。
日なた、日かげ、置く場所によってのバリエーションを楽しむ。
今、バラクラの庭に飾っているコンテナは約120個。
それをヘッドガーデナーのアンディとで寄植えを作りました。」
a0317581_08210717.jpg
モニターの画像で蓼科のイングリッシュガーデンに置かれている寄植え(コンテナガーデン)の説明となりました。
寄植えのテーマは『自然のもの』
現在、英国園芸のトレンドであるメドウ(草むら)を意識して作られたそうです。
a0317581_08213849.jpg
a0317581_08221699.jpg
モニター画像では無く、このレクチャーの後に説明のあったお庭の寄植えを撮影しました。
実際の寄植えに先生の説明を添えてご紹介したいと思います。

〜続く〜

a0317581_10453923.jpg

[PR]

by yamate4187 | 2017-07-02 07:59 | Comments(0)