横浜山手ガーデニング倶楽部

yamate4187.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2016年 09月 26日

寄植えコンペの作品製作のお知らせ

蓼科バラクラ収穫祭10/5(水)~10(月)
Harvest festival 2016
a0317581_07140829.jpg
a0317581_07150823.jpg
スクール生の皆様には「寄植えの芸術展」《出展要項》がご自宅に届いた事と思います。
いよいよ秋の寄植えコンペですね(^_^)
これまで作品展に出したことの無い方や、少しお休みしていた方も、出展してみませんか。

《ご参考まで》昨年秋の「寄植えの芸術展」をご覧ください→こちら
         
横浜での「寄植えの芸術展」の出展作品の製作場所のお知らせをいたします。
日時:10月1日(土)12:00~夜
   10月2日(日) 9:00~チャーター便到着まで
※バラクラのチャーター便にて蓼科へ運送します。
※作品製作は1日でも2日間かけてもOK!
場所:〒232-0002
   グランドベイヒルズ横浜
駐車場あり(例:6時間300円~)要予約
◆詳細は横浜山手ガーデニング倶楽部まお問い合わせください。
✉4187yamate@gmail.com
ファクス045-262-9387
a0317581_10453923.jpg

[PR]

by yamate4187 | 2016-09-26 23:57 | Comments(0)
2016年 09月 19日

2日目受講者の皆様の作品です(^_^)

クランベリーやイチジクなどの果樹を入れて作りました。
a0317581_12270021.jpg
👑アンダートンさんが選んだ本日の秀作です024.gif
キャンディー賞おめでとうございます\(^_^)/


a0317581_12275405.jpg
a0317581_12272333.jpg
👑アンダートンさんが選んだ本日の秀作です!024.gif
キャンディー賞おめでとうございます\(^_^)/
a0317581_12281994.jpg

a0317581_12284392.jpg
👑アンダートンさんが選んだ本日の秀作です!024.gif
キャンディー賞おめでとうございます\(^_^)/

💁アンダートンさんは高さのバランスについて特に意識してアドバイスします。
また色を使いすぎないこと。
色の組合せの違和感を感じることがないようにアドバイスをします。

💁これまでケイ山田ガーデニングスクールで、多くの英国人園芸家の講座を受講して来ました。
その中で、一番のナチュラル志向の園芸家だと思いました。
どの講師もそれぞれの個性があり、色合いの取り合わせの違いがあり、受講するたびに新たな学びの発見があります。
春と秋のガーデニング講座は、マスター講座を皮切りに、アシスタント、一般の方への講座もあります。
英国の園芸文化を肌で感じるガーデニング講座にぜひご参加くださいネ。
a0317581_10453923.jpg
横浜山手ガーデニング倶楽部
《10月のレッスンのお知らせ》
※スタンプ押印対象
10月10日(月・祝)
①ハロウィンの寄植え
②カボチャのランタン作り🎃
お子様もご一緒にどうぞ👻
鉢のお持込みOKです。
イギリス館2階
午前の部 ①10:30~②11:00~
午後の部 ① 1:00~② 1:30~
✉4187yamate@gmail.com
Fax 045-262-9387(ニロクニのクサバナ)
材料準備の都合上、お申込みはお早めにお願いします^_^

[PR]

by yamate4187 | 2016-09-19 12:24 | Comments(0)
2016年 09月 19日

『秋のガーデニング講座』2日目 果樹を使った寄植え実技

秋のマスター講座2日目、アンダートンさんの『果樹を使った寄植え』デモンストレーションです。
a0317581_09281244.jpg
はじめに『果樹について』のお話から

👤果樹を庭に植えると花を見て楽しみ、実を収穫して味を楽しむことができます。
生産者が小さなスペースでも育てられるものを作ったので、庭で楽しむことができるようになりました。
枝を壁に這わせたりして楽しむこともできます。
りんごや梨は装飾として楽しむことができます。
狭い庭でも小さな苗木を選んで花や実の時期をずらして楽しむことができます。

👤イギリスでは今、梨や※グーズベリーが流行っています。グースベリーは枝を仕立てたり実でジャムやゼリーを作って楽しむことができます。

グーズベリーとは:西洋スグリのことです。
💁ご参考まで↓
a0317581_12063177.jpg

『果樹を使った寄植え』
デモンストレーション
大きなトローフ型のコンテナにダブルデッキ(2段重ねに植えること)のフォーマルな寄せ植えを作ります。
a0317581_09214555.jpg
💁まずは下段に春の球根を植えます。

👤フォーマルな寄植えということで、白やピンクのチューリップの球根を直線的に入れます。
りんごの木を2本入れるために、根鉢の大きさを考えて球根の位置をずらしスペースを確保します。
a0317581_09220294.jpg
👤果樹のりんごはフジと紅玉。まだ青くて完熟するのが楽しみです。りんごの木2本の配置を考えます。
a0317581_09221638.jpg
👤りんごの木のよけいな枝をカットします。
りんごの後ろ側にルドベキア、中間にケイトウ、トウガラシ、前面にフォーチュンベゴニア、ミカニアを植えます。苗の根ががぶつかったらずらして入れます。
a0317581_09223187.jpg
~完成です~
《使用した花材》
りんご(フジ・紅玉)、ルドベキア、ケイトウ、トウガラシ、フォーチュンベゴニア、ミカニア

💁りんごは来年5月に粒状の肥料を与えるまで特に手入れは必要ないとのことでした。

次回は参加者の作品のご紹介です(^-^)/
a0317581_10453923.jpg


[PR]

by yamate4187 | 2016-09-19 09:19 | Comments(0)
2016年 09月 18日

『秋のガーデニング講座』2日目~その2~

アンダートンさんのレクチャーのつづきです。
a0317581_08495931.jpg
a0317581_08502513.jpg
👤1種類の球根を鉢で花を咲かせ、並べて楽しみます。
a0317581_08521422.jpg
👤このスノーフレークは貴重なもので球根一つが日本円にして約3000円もします。
左上の雛壇のように並べる飾り方を「シアター」といいます。

💁《球根の組合せ方》
a0317581_09195803.jpg
a0317581_09202068.jpg
👤2色の組み合わせです。(ただし黒色や緑色は1色としてカウントしません)
a0317581_09225128.jpg
a0317581_09231331.jpg
a0317581_09233666.jpg
👤チューリップだけの2色or3色の組合せです。
a0317581_09243531.jpg
👤違う種類の球根のホワイトだけを集めて楽しみます。
a0317581_11255642.jpg
a0317581_11261659.jpg
👤人気のリリー咲き(ユリ咲き)のチューリップです。
a0317581_11324044.jpg
👤黒い色合いのチューリップ。画像右下は黒いヒヤシンスです。
a0317581_11285996.jpg
👤茎が黒いチューリップも有ります。
a0317581_12081885.jpg
👤オランダの球根だけのガーデン

《まとめ》
👤植栽の注意点は良い土を使うこと。
葉から栄養をとって育つので葉を大事にすること。
~球根の色のつなげ方~
白→黄色→青色→ピンク→パープル

💁この秋球根を植える時に、色合いは2色~3色にし実践してみたいと思いました。
球根ならば、今回学んだ英国のガーデニングのエッセンスを簡単に取り入れることができますね♪

💁次のblogは2日目の実技のようすになります056.gif


a0317581_10453923.jpg

[PR]

by yamate4187 | 2016-09-18 08:56 | Comments(0)
2016年 09月 17日

『秋のガーデニング講座』2日目

秋のマスター講座の2日目です。
「春の庭のデザイン」
というタイトルで春咲き球根の紹介と組み合わせのお話です。
春の球根を植えるこれからの時期にぴったりの講座ですね♪
a0317581_07025724.jpg
a0317581_07032058.jpg
👤「庭の中でどのように球根を使うかを考える。
球根は必ず咲いてくれるので使いやすい。種類によって咲き時期が違うので長く楽しむことができます。」

a0317581_07105235.jpg
節分草、クロッカス、スノードロップ
a0317581_07102577.jpg
👤「アイリス 黄色と紫の花を掛け合わせたものが、中央のアイリスです。」
a0317581_07223652.jpg
ムスカリ、スノーフレーク、チューリップ
👤「春の遅咲きの球根と夏咲きの球根を同時に楽しみます」
a0317581_07112005.jpg
a0317581_13280665.jpg
👤「球根のすき間を埋めるためにシダのような葉のある植物と組み合わせます。」
a0317581_13312143.jpg
一面のクロッカス
👤「自家受粉できる球根を選び、こぼれ種で増やすことができます。
始めに植えた球根200個~300個がやがて1000個ほどに増えているようです
👤「自家受粉できないハイブリット(掛け合わせたもの)の球根は、花を楽しみます」
a0317581_13323776.jpg
クレタ島 原種のチューリップの群生 


💁マスター講座に参加できなかったマスター・インストラクターの皆様、また英国園芸家の講義にご興味のある皆様のために、『秋のガーデニング講座』取材レポートは「その2」へと続きます📝


[PR]

by yamate4187 | 2016-09-17 07:00 | 蓼科バラクラ | Comments(0)
2016年 09月 14日

受講者の皆様の作品です(^_^)

a0317581_16142788.jpg
a0317581_16173910.jpg
a0317581_16153800.jpg
a0317581_16151665.jpg
a0317581_16171653.jpg
a0317581_16313089.jpg
a0317581_16181624.jpg
a0317581_16183475.jpg
a0317581_16145838.jpg
👑アンダートンさんが選らんだ本日の秀作!です↑
キャンディー賞おめでとうございます\(^_^)/
※全ての作品をご紹介できずにごめんなさい
a0317581_16185837.jpg
一人ひとりにとても丁寧なアドバイスをしてくださいました。

そして、夜はアンダートンさんを囲んでの懇親会です!
a0317581_16261661.jpg
068.gifジャルディーノで楽しいパーティとなりました🍻
a0317581_10453923.jpg

[PR]

by yamate4187 | 2016-09-14 16:19 | Comments(0)
2016年 09月 13日

『秋のガーデニング講座』in 蓼科 英国の秋の寄植え実技

スティーブン・アンダートン氏による、秋の寄植えデモンストレーション
a0317581_14092178.jpg
a0317581_14094167.jpg
👤アンダートン氏より
「実付きのものは、実の成る方向をよく確認して植えましょう」
a0317581_14095614.jpg
👤「花の色は二色がベスト、三色はまぁまぁ、四色以上は多すぎる。離れて見てバランスを確かめましょう」
a0317581_14101880.jpg
👤「根鉢の間はその都度土を入れる。
真ん中に色のかたまりのあるものを入れる。
重い色は下部に入れる。白黒の写真を撮るとバランスが良く分かります」

🎀そして英国の秋の寄植えが完成!
a0317581_14103983.jpg
《使用した花材》
コロニア(チョコベリー)
クランベリー、アマランサス、セロシア、クレプトランサス、ユウゼンギク、リオン、トウガラシ、風知草、他

a0317581_10453923.jpg

[PR]

by yamate4187 | 2016-09-13 14:06 | Comments(0)
2016年 09月 13日

『秋のガーデンング講座』in 蓼科

9月12日~13日ケイ山田ガーデニングスクールのマスター講座のようすです。
マスター資格者のスキルアップのために、英国の園芸家より直接学ぶ特別レクチャーです。
年2回春と秋に開催されています。
インストラクターの方も参加できます(^^)/

a0317581_10394456.jpg
今年の秋の招聘講師は「スティーブン・アンダートン」氏です。
《プロフィール》英国を代表する園芸家の一人。
植物の専門家として多くのナショナルトラストの有名な庭園を監修。「TIMES」のコラム二スト、BBC放送等の園芸キャスターもしています。

📆この日を楽しみにしていました。再び蓼科バラクラへ
a0317581_10383276.jpg
a0317581_10385779.jpg
3週間ぶりの蓼科はすっかりダリアの美しい季節となっていました。秋ですね♪

a0317581_10463547.jpg
【スティーブン's ガーデン】
まずはモニター観ながら、ウェールズのブレコン・ビーコンズにあるスティーブンさんの20エーカーの庭園を学びます。
東京ドーム2.5倍ある庭だそうです。

『敷地は3つのパートに分けて構成』
1.花のある庭 (プライべートの庭)
  オークがたくさんある
a0317581_10440651.jpg
a0317581_10445151.jpg
a0317581_10451741.jpg
a0317581_10453499.jpg

2.グリーンの庭
a0317581_10461270.jpg
a0317581_10470117.jpg

3.白とシルバーの庭
a0317581_13130794.jpg
   グミとバラ↑ ↓その遠景  
a0317581_10482745.jpg
『ポイント』
シンプルな構成。自生している植物を生かして庭を造る。
1種類の花をかたまりにして植える。
季節が変わっても花を繰り返し咲くよう、いつでもきれいに見えるように色やテクスチャーを考えて作る。

敷地囲いの外の景観
傾斜地のため起伏に富んでいる
a0317581_10473121.jpg
牧草地と樹木。ポニー・羊も放牧されている

a0317581_13440271.jpg
自然を生かした刈り込まない木々
a0317581_14051808.jpg
a0317581_13431961.jpg
a0317581_13433720.jpg
そして雪景色

自然のものに少しだけ手を加えてナチュラルな庭作りがトレンドの一つだそうです。^_^

a0317581_10453923.jpg




 

[PR]

by yamate4187 | 2016-09-13 09:00 | Comments(0)
2016年 09月 09日

9月9日 重陽(ちょうよう)の節句

秋はもうそこまで来ているのに澄んだ青空がなかなか臨めませんね。
今日は重陽の節句。
菊の季節でもあり『菊の節句』ともいわれています。
四季のある日本では、古来よりその時々の季節を楽しむお節句が5つあります。
1月『人日の節句』春の七草です。3月『桃の節句』、5月『端午の節句』、7月『七夕』、9月『重陽の節句』。9月はちょっと影が薄くなってしまいました。
『重陽の節句』にちなんで、菊をポイントにした寄植えをご紹介します。
a0317581_08295722.jpg

a0317581_10495725.jpg
    ※一昨年の秋の寄植えです
お家にお月見のしつらえをして、美しい秋の月を眺めてみたいものですね🎑
a0317581_11190989.jpg

[PR]

by yamate4187 | 2016-09-09 08:00 | Comments(0)
2016年 09月 05日

9月イギリス館レッスン

イギリス館9月のレッスンです。
a0317581_79105.jpg

テーマは『秋』
a0317581_714781.jpg
a0317581_771315.jpg
a0317581_10124050.jpg
a0317581_19294519.jpg

パープルファンテングラスをたくさんご用意しました。
自由に材料を選んで作成します。
a0317581_78268.jpg
a0317581_09200177.jpg
コスモス チョコレートコスモス シンフォリカリポス
ミセバヤ アルテルナンテラ 宿根アスター ベロニカ
ピレア ヒューケラ 他
a0317581_7104763.jpg
 秋ですね~
a0317581_710991.jpg

a0317581_7115272.jpg
シックな秋の寄植えが完成しました。
来月のイギリス館レッスンは
10月10日(月・祝)🎃🎃🎃
『ハロウィン』
をテーマに行います。
年に1度のカボチャのランタン作りもやりますネ016.gifお子様のご参加も歓迎します!
午前の部10:30~ランタン🎃11:30~
午後の部 1:00~ランタン🎃 2:00~
a0317581_10001808.jpg
a0317581_10044914.jpg
※画像は昨年山手西洋館ハロウィン『外交官の家』の様子です。
横浜山手ガーデニング倶楽部が装飾しました^_^
a0317581_10453923.jpg

[PR]

by yamate4187 | 2016-09-05 07:16 | Comments(0)