横浜山手ガーデニング倶楽部

yamate4187.exblog.jp
ブログトップ

2017年 07月 03日 ( 2 )


2017年 07月 03日

4日目ジム・キーリング講師の寄植えデモンストレーションと寄植え実技

午後は1:30〜
英国ウィッチフォードポタリー創始者、ジム・キーリング氏を講師に英国園芸を学びます。
a0317581_19325832.jpg
ジムさんによるデモンストレーションです。
a0317581_19334577.jpg
『このように開口部が広がっているコンテナは、霜が降りて氷点下で土が膨張しても割れにくい事…そして植物が成長し易やすいです…』
通訳はスクール生の先輩マスター。
とてもわかりやすいお話しでレクチャーも楽しく受講できます。
ジムさんの英語を一生懸命聴き取るのも、また楽しい時間となります。植物の名前(学名)は世界共通ですし、ジムさんの動作を間近で観て「フムフム…」と。

スクール生で無くてもどなたでも受講できます。
ご興味のある方はぜひ、蓼科バラクラフラワーショーのレクチャーにご参加くださいませ^_^
イベントホールでのレクチャーは午前も午後も無料です!

a0317581_19444153.jpg
『寄植えを始める時は、まず小さな作品から作って行きましょう。コンテナ選びは重要です。』
a0317581_19450847.jpg
『そしてどこに置くのか?
植物は高さのあるもの、下がるもの、中間を埋めるもの。』
寄植えの基本を話しながらデモンストレーションは進みます。
a0317581_19460583.jpg
a0317581_19463384.jpg
a0317581_19470764.jpg
『後方中心にユリを植え込みたいのですが、入りそうに有りません。そんな時には、別の鉢にユリを植えて、メインの鉢の後ろ側に置くという方法もある』
a0317581_19473490.jpg

下側のコンテナは、デモンストレーションが良く観えるようにと台の代わりです。。。
約30分の寄植えデモが終わりました。

2時20分〜【寄植え実技」
レクチャールームに移動し、受講者は寄植えを実際に作ります。
a0317581_05413676.jpg
a0317581_05520794.jpg
a0317581_05423255.jpg
↑ハーブで作られたフォーマルなデザイン。時間の経過とともに下側の植物が育ち、その横を通るたびに良い香りのするアロマ効果のある作品。
a0317581_05432626.jpg
左↑の作品は、定年退職されたご主人へ奥様からのプレゼント🎁にするそうです。ウィッチフォードのコンテナにジムさんのサインを書いていただきました!

a0317581_05435895.jpg
a0317581_05493467.jpg
ジム・キーリング講師とケイ山田先生、校長先生にそれぞれの作品にアドバイスをいただきました。

a0317581_05525429.jpg
ベテランのマスターや、寄植えを始めて4回目の方など寄植え経験は様々です。
a0317581_06063333.jpg
a0317581_06091862.jpg
a0317581_06103398.jpg
ダリアなど時間の経過とともに花が終わるものを使用した場合は、作品が作った時と違ってくる。どのように変化するか?それもまた楽しみでもある。

ガーデンセンターで鉢や植物を各自が選んで作るため、色も形も異なる作品が完成しました。

a0317581_10453923.jpg




[PR]

by yamate4187 | 2017-07-03 19:29 | Comments(0)
2017年 07月 03日

4日目ケイ山田レクチャー③

🔷イベントホール マーキー(テント)前のコンテナ
バッキンガム宮殿にも置かれているウィッチフォードのBIGコンテナです。大人がすっぽり入る事の出来る大きさです。
a0317581_05004355.jpg
a0317581_05011729.jpg
(下段:後ろの樹木の景色と合わせて観るように、低く植え込んである)
日かげの植物
球根ベゴニア、ホスタ、シダ、ホクシア、プレクトランサス
a0317581_13205277.jpg
ビッグコンテナは、アーチの向こうのフォーカルポイント
a0317581_05145424.jpg
🔷レストラン『ジャルディーノ』の前 日かげの植物
アイアン製のアーン型コンテナ 壁の色に合わせたもの。
a0317581_05111936.jpg
a0317581_09065342.jpg
a0317581_09054734.jpg
壁にはツルアジサイ、ハニーサックルも絡む
a0317581_05133681.jpg
銀色の鉢 銀葉のベゴニア、フィロデンドロン
暗い場所→グラス類、インパチェンス、ホスタ、ヒューケラでカラフルに

『ジャルディーノ』の室内入り口
a0317581_05181162.jpg
黄緑色のホクシア→ホクシアは27度あれば1年中花を保たせる

🔷アリスの庭
ティーパーティの場面には、 マリーゴールドなどカラフルな色合い
a0317581_05243239.jpg
明るく
楽しい植物
a0317581_05291982.jpg



a0317581_10453923.jpg

[PR]

by yamate4187 | 2017-07-03 04:57 | Comments(0)